読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMAPおじさんのこと

こんばんは、あやのです。
あ!一番上でお願いしている件だけど2008年のコンサレポはそろいました!ありがとーう!他の年のレポとかレポに限らず、保存してあったりプリントアウトしてあったりという方がいたら是非にお知らせください。へそを揺らして喜びます。


そんなわけでタイトルどおりSMAPおじさんのことを。
27時間テレビからはじまって音楽の日も堪能して、いまだにリピが止まらないんですよね。見過ぎじゃね?って自分で自分に突っ込みながら毎晩ほんの少しの時間をみつけてはリピしてる。キモ〜って思いながら。
27時間テレビのオープニング、最後の質問。
SMAPとはなんですか」と問われての木村さんの答えが「かえれる場所」でした。
木村さんにとってのホームがSMAPであることの嬉しみ。ほんとう、何度見ても思います。年とるのって悪くないなあって。
おっさんら、年重ねたらまんまと丸くなってるしすげえ可愛いし支えあっちゃうし、おまえらどうすんの今そんな可愛くてもしかしてまだ可愛さの余白残してんの?この先もっと可愛くなるつもりなの、天井知らずなの?なんなのばかなのと永遠に呟き続けたくなるやつです。ほんとうに。
SMAPと自分の間に、確かに一本線を引いたときがあった。あったはずだ。
テレビの前の私でさえそれをなんとなく感じたのだもの、それは本人の意思として示したのだと思う。その線を「あほやなあ」とピーーーッと剥がしてくれたのはさんまさんだったんだと思う。キムタクを木村拓哉と同化させてくれたのも。
さんまさんは相変わらずSMAPと絡んでも大して面白くないし(あ)なるべく時間短縮の方向でお願いしたいけど(あ)中居さんや慎吾や剛にタモリさんがいてくれたように、木村君にさんまさんが現れてくれて、そこだけは本当に感謝していいみたいな(なにさま)
とにかく42才の木村さんにとってのスマップっていうのは、多分きっと考えて出す答えとかじゃなくただ当たり前に「かえれる場所」になったんだなあって思う。それがすんごく嬉しい。
日曜日の未定コーナー、木村さんと剛が並んでいて、木村さんはもういまにも寝てしまいそうにぽやぽやしていて、剛がなにかいうたびにけだるそうに剛のほうを向いたり目じりに皺をよせて笑ったりしていた。あれ!あれ見て泣かないでいられるの!!!わたし、あんな木村さんと剛をまた見られるようになるなんて本当にちょっと前まで思ってなかったもんなあ。このへん書きはじめると長くなるから書きませんけど、わあ、ちゃんと向き合えてるんだあって思ったのでした。剛が何か言えば舌打ちでもしてどっかいってしまいそうな雰囲気まるだしにしていた頃だってあったでしょうにおじさん!なんなのその甘ったるい顔は、いいぞもっとやれ。


ノンストップライブのことはそれだけでだいぶ書いてしまいそうだからどうしようかと思うんですけど、もう辛抱ならないんで叫びますけども。
あの衣装!あのひらひら!あれ天才!天才だよねまったく!
バッテリーからのトップオブザワールドとか世界征服感ハンパないしラスボス感凄過ぎてもう一撃でころされるやつですけど、あれすごいですね。コンサートツアーを控えてるのにですね、あれだけ本気の衣装と本気の曲順かましてきてるわけですよ。どうなるの、ねえツアーどうなるの。心臓もつの?いやホントに心配。ツアーきてみ?これ以上にぶちのめしてやんよ、っていう宣戦布告なんでしょ?なんなの!受けて立つけどすぐしんじゃう自信あっからね?
もうほんと鳥肌たつくらいおそろしかったのはあの27時間テレビの翌日にきっちり青封筒が届いたところですよ…。こわすぎる。そして27TV後の新規会員もコンサート申込み間に合うんだってところだよ!ああああ、もうしっかりしてる!しっかりしてる!!いいよもう、いくらでももう私たちからはぎ取っていってください。もう観念しました。そのかわり、おじさんたちがのぼりつめているその先を、どうか一緒にみさせてください。いつまでも夢をみさせてください。ゆるぎないその世界をわたしたちにいつまでも雲の上からえらそうにふんぞりかえって見せてください。本望です。どえむです。